カラーや白髪染め後のかゆみ・ヒリつき、実は「ジアミンアレルギー」かも?

カラーや白髪染めのあとに頭がかゆくなったり、ヒリヒリ痛くなったりするといったお悩みをお持ちではないでしょうか。このような症状が現れる方は、「ジアミンアレルギー」かもしれません。

今回はかゆみや痛み、かぶれの原因になる、ジアミンアレルギーについてお伝えし、対処法となる「ノンジアミンカラー」をご紹介します。

ヘアカラーや白髪染めで起こる「ジアミンアレルギー」

ヘアカラーや白髪染めのあとに、かゆみ・ヒリつき・かぶれといった症状が起きた経験をお持ちの方は多くいらっしゃいます。これは「ジアミン」という成分による、ジアミンアレルギーが原因で起きている可能性があります。まずはジアミンアレルギーがどのようなものか、ご紹介しましょう。

ジアミンアレルギーとは

ヘアカラー剤のなかには「ジアミン」と呼ばれる成分が含まれており、人によってはアレルギーを引き起こすことがあります。ジアミンアレルギーを発症してしまった場合、残念ながら治ることはありません。

ジアミンアレルギーの症状

ジアミンアレルギーが引き起こす具体的な症状は、さまざまなものがあります。軽い症状から重い症状の順に、以下のとおりです。

・かゆみ
・ヒリつき
・かぶれ
・湿疹
・ただれ
・頭痛
・めまい

ジアミンアレルギーを発症してしまう原因

ジミアンアレルギーを発症する原因は、おもに2つあります。

生まれつきの体質

ほかのアレルギーと同じように、生まれつきの体質の問題でジアミンアレルギーを発症する場合があります。自力で防ぐことは難しい原因です。

許容量を超えてしまった

花粉症のように、一定量のジアミンが体内で蓄積された結果、アレルギーを発症するケースもあります。ジアミンを過剰に塗布したり、濃度の高いジアミン染料を長時間使ったりすることが原因で、アレルギーを発症したりする場合もあるため、注意が必要です。

ジアミンアレルギーの有無を確かめる方法

ジアミンアレルギーの有無を調べるために有効な方法が、パッチテストです。腕に使用する予定のカラー剤や白髪染めを100円玉サイズで塗布して、48時間程度放置してみましょう。その結果、肌が赤くただれてしまった場合は、ジアミンアレルギーの可能性が高いです。

ジアミンアレルギーになってしまった場合の対処法

ジアミンアレルギーになってしまったことがわかった場合、これからご紹介する3つの対処法で症状の悪化を防ぎましょう。アレルギーは重大なトラブルのもとになるので、しっかり対処することが重要です。

病院を受診する

ジアミンアレルギーは、重症化するリスクがあります。頭痛やめまいといった症状を自覚したまま放置していると、アナフィラキシーショックのような、命にかかわる問題に発展する可能性もあります。皮膚科を受診して、適切な処置を受けましょう。

髪を染めるときは美容師に相談する

美容室で使用するヘアカラー剤や白髪染めにも、ジアミンが使われていることがあります。プロの美容師がカラーリングをしたとしても、アレルギーを防ぐことは難しいです。髪を染めるときは美容師に、「ジアミンアレルギーの可能性がある」と相談しましょう。

美容室によっては、ジアミンアレルギーの方向けの薬剤を用意しているところもあります。まずは美容師に相談し、適切な施術を受けましょう。

市販のカラー剤・白髪染めは使わない

市販のカラー剤や白髪染めには、高い確率でジアミンが含まれています。用量を守ったとしても、付けすぎてしまうとアレルギーを発症・悪化させる確率が高まってしまいます。美容室以外で髪を染めることはおすすめしません。

アレルギーでも「ノンジアミンカラー」なら安心

ジアミンアレルギーの方は、ジアミンを含まない「ノンジアミンカラー」を使ってヘアカラーを行うと安心です。ノンジアミンカラーには、その名のとおりジアミンが含まれていないため、アレルギーを発症する心配がありません。

市販品にもノンジアミンカラーのヘアカラーや白髪染めもありますが、あまりおすすめできません。ジアミンが含まれていない場合、発色できる色の幅が狭く、染色がうまくいかない可能性が高いです。

安全で美しいカラーリングを実現させるためには、ノンジアミンカラーを取り扱っている美容室のご利用がおすすめです。ニコマリアでもノンジアミンカラーをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

ヘアカラーや白髪染めのあとに、かゆみや痛みを感じる場合、ジアミンアレルギーをもっている可能性があります。症状が悪化すると頭痛やめまいといった、重い症状を引き起こす場合があるので、異常を感じた場合は症状に応じて、皮膚科の利用も視野に入れましょう。

ニコマリアでは、アレルギーの心配がないノンジアミンカラーを取り扱っています。ジアミンアレルギーの方や、身に覚えのある症状をお持ちで心配だという方は、ぜひニコマリアにご相談ください。